[人間づくり]総合人間教育学の普及と援助

人間づくりコラム


平野貞夫の国づくり人づくり政治講座
『平野貞夫の国づくり人づくり政治講座』は
メルマガ(まぐまぐ)でもご覧になれます。

登録をご希望の方はこちらからどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0000260920.html
【ページジャンプ】

《『政(まつりごと)の心』を求めて》 第34回 ―「 日本の政治の原点 (7) 」―
『龍馬と女と妙見信仰』を脱稿する昨年の12月頃になって、不思議なことに「妙見信仰」についての情報が、湧き出すように私に寄せられてきた。最初は『妙見信仰の史的考察』というものだった。伊勢神宮外宮の宮司の血筋の人物で、中西用康氏が自費出版で出した労作である。

その序文に「過去の人びとの妙見信仰がそれぞれの時代区分の上で、一役を演じていることがおぼろげにわかった」と述べており、私は大きなショックを受けた。日本の主な歴史をふり返ってみよう。


妙見菩薩信仰と政治革命
平将門が関東の民のために起した「承平・天慶の乱」(将門の乱)の背後には、妙見信仰に生きる民がいた。将門も妙見菩薩を信仰しており、平安の地方分権の改革であった。将門の改革運動は失敗し、妙見を信仰する民も散り散りとなる。その後、240年後源頼朝による鎌倉幕府が成立する。

この鎌倉幕府の成立は、将門一族の後裔にあたる千葉常胤ら千葉一族の貢献なくしてはありえなかった。千葉一族は妙見信仰で、それが鎌倉封建制度という歴史をつくった。幕府制度の再生を行ったのは徳川家康であった。家康も妙見菩薩を信仰していた。

この徳川体制も約300年近くの歳月を経て、腐敗した幕政が坂本龍馬という妙見信仰の星によって大政奉還させられることになる。妙見菩薩は権力にしがみつく人間達よりも、清い国家をつくろうとする人間に力を与える。1月16日のNHK大河ドラマで、岩崎弥太郎の出生地安芸市の妙見山と星神社が紹介されていた。弥太郎だけでなく龍馬も北斗の妙見信仰の中で、育ったことはあまり知られていない。わが国での権力の移行は、妙見菩薩を信仰する人たちによって行われていると、私は考えている。  
 
 
無血革命
さて、この見方で現代の政治を検証してみよう。昨年8月30日の衆院総選挙で「国民の生活が第一」という民主党が勝利し、本格的政権交代が実現した。国民の投票による初の政権交代であった。それだけではなく、神武天皇以来初めて日本の民衆によって国家権力をつくった「無血革命」であった。

この「無血革命」を指導した人物が、小沢一郎という政治家であったことは誰もが認めるところだ。小沢一郎が妙見信仰の精神的DNAで生かされてきたことを知る人は少ない。自民党という腐敗官僚に支えられた日本政治を改めるため、妙見菩薩は小沢一郎に力を与えたといえる。

この無血革命はまだ成功していない。7月の参院通常選挙で、民主党が単独で過半数を占めることで完成といえる。しかし、反動反革命勢力は徹底的な抵抗をする。それが人間の歴史というものだ。東京地検特捜部が小沢一郎の政治資金団体「陸山会」に、不正な資金が導入されていると、1月15日夜、突然元秘書の衆院議員と2人の秘書を逮捕した。まさに反革命そのものだ。民主党大会の前夜、小沢一郎を幹事長から引きずり下ろすための暴挙である。  

 
妙見菩薩がこんなことを許すはずはない
自民党や巨大マスコミなど反動勢力が、とやかく攻撃してくるのは予想どおりだ。驚くのは日本共産党の態度である。民衆のための革命政党とはいえない。検察国家権力の代弁者、いや協力者としての活躍をしていることに驚く。機関紙「アカハタ」では、インチキ企業として知られている元経営者の話を、真実とばかり報道している。

小沢一郎を政界から葬ろうとする志位委員長の言動は反革命の政治家の代表といえる。共産党の政治家がここまで劣化し、歴史認識と方向性を見失うことで、マルクスは泣いていると思う。民衆による政治を理解すべきだ。

それに反革命を強く検察などを後押ししているのが、巨大マスメディアである。国民主権で国家権力をつくる真の民主政治が確立すれば、既得権を失い経営に大きな影響が出るからである。

私は小沢一郎氏との40年にわたる交友の中で、不正の資金を使う政治家でないことを熟知している。強化した弁護団によれば、陸山会に貸与した4億円に不正の資金はないことを確認し、検察の捜査に協力すると伝えた直後に、元秘書3人の逮捕を強行したとのこと。

これらの背後には、歴史の進歩を逆戻りさせようとする集団の謀略が感じられる。妙見菩薩がこんなことを許すはずはない。