[文化づくり]国際文化交流の推進と援助

文化づくりコラム 

先進国家 - 世界に誇れる日本の先進性


世界に誇れる日本の先進性
タツノオトシゴとか、トンボと比喩される日本列島は、昔は大陸と繋がっていた。それがムー大陸が沈んだと言われている地殻変動によって、大陸から切り離され、今の日本列島はできあがった。

そこから1万年以上も、北海道から沖縄という今の国土とほぼ同じ領土で育まれた縄文文化は、世界でも類を見ない素晴らしい文明だった。この文明の集大成を、私たちは、今から5500年前に栄えた三内丸山遺跡(青森県)から知ることができる。

古代と言えば、裸に近い様相で穴蔵に住み、動物の骨を削った槍を持ち、動物を追いかけるという原始的なイメージを持つ人も多いと思う。もちろん縄文時代の初期のころにはそういった時代もあったのかもしれないが、縄文前期に栄えた三内丸山遺跡は、文明社会と言っても過言ではない先進社会だった。

詳しくは後述の「縄文文化」をご覧いただきたいが、大きな特長は平和だったということだ。

道具はあっても武器は出土していない。村を囲む守りの塀もなかった。

矢が刺さったような遺骨もあるが、その数は僅か600年しか続かなかった弥生時代に比べると相当に少ない。その数からしても、争いがないと言っても言い過ぎではない。

古墳時代から現代までは約1700年間であるから、ほぼ同じくらいの期間(1500年)、持続可能な社会を平穏に創っていたのである。これが日本文明の根底にある縄文の遺伝子というわけだ。

残念ながら気候変動が起こったと推測され、それをきっかけに弥生時代に入った。土地を所有する稲作が中心になると、土地を巡る争いが起こり、村を守る塀も作られるようになった。

しかし、文明の大きな変動があっても、1万年の縄文の遺伝子は引き継がれた。自然を破壊する文化にはならなかった。世界にはない、自然と共生する農耕文化を生み出した。

縄文の遺伝子は、日本人の歴史の中で、海外から見ると様々な奇跡を起こしている。そのいくつかの項目をまとめたものが下の表だ。

日本の文化は大陸から様々なものが入ってきているが、それをそのまま真似たのではない。元々高度な文明があり、それらを取捨選択し日本人にあったようにアレンジして、日本文化は独自の文化を、縄文時代からの積み重ねで創り出している。

それは、世界の学者が認める所だ(日本人が認めない傾向はあるが)。

色々な意味で日本の先進性の高いものを年表にまとめてみた。

日本を知らない日本人
ここに挙げた年表は、文明・文化の比較をして、優劣をつけることが目的ではない。また、これらの情報がすべてではないことをご理解いただきたいが、歴史の主だったものをあげさせていただいた。

衛生面一つをとっても、日本と欧米には大きな文化の違いがある。歴史を捨て去ろうとしている傾向が日本にはあるが、時代劇ではわからない、日本文化のすばらしさが技術大国日本の礎であるからこそ、このことを知っていただきたいのだ。

日本文明の集大成 江戸
近年脚光を浴びている江戸時代は、縄文時代から育まれた日本人の遺伝子が、最も理想的な形で花開いた集大成といえる。世界でも最先端の理想的な時代だった。

江戸末期は治安もかなり良くて、子ども達だけで旅ができた、というと「え~嘘だ!」という人も多いと思うが、実際にあった話だ。このような事を一つ見ても、治安維持の先進国と言えるのだ。

同じ時代、世界の先進国的な存在は欧州だ。贅を極めたベルサイユ宮殿や華やかな貴族の生活の裏側は、常に争いと侵略の歴史があり、ごく少数派の貴族の犠牲になっているのは庶民で、贅沢のツケを公共事業=戦争で補おうとした政策が、やがてフランス革命を引き起こし、貴族社会の崩壊をまねいている。

特記すべきは、江戸文化は主に町民や庶民が作り上げた文化という点にある。欧米諸国の文化は、貴族が作り出す。それはごく一部の支配者階級の文化にすぎない。

国民全体で作り上げた文化というところが、日本の強さの一つでもあるのだ。

・世界一の120万人都市
・世界で唯一水道は24時間使えた
・治安もよく旅行が盛んだった
・衛生面も世界一良かった
・世界で初めての米相場
・世界最高レベルの金融政策
・現代に引き継がれる匠の技
・世界有数の有機農法
・世界が賞賛した武士道
・ヨーロッパに大きな影響を与えた美意識(浮世絵)くり  などなど

世界のお手本
石油文明が終わった後のお手本も、戦争に明け暮れる世界が望む平和も、理想的な家族の姿も、経済を活性化する方法も…、ありとあらゆる知恵が、江戸文化には沢山つまっている。

もちろん、江戸にも一長一短はあるが、現代社会が求めるものを紐解くと、江戸の知恵に理想的な形があるということを、偏見なく見ていっていただきたいのである。

日本人は自分たちを悲観的に見るくせがあるが、「悲観」が「誇り」となれば日本は復活できる!