[産業づくり]未来創造産業の推進と援助

産業づくりコラム

産業界とエコロジー

近江商人とは、鎌倉時代から江戸、明治、大正、昭和の戦前といった封建体制の色濃い時代、近江(滋賀県)に本店を置き、全国を商圏として商いをした商人のことである。大阪商人、伊勢商人と並ぶ日本三大商人の一つで、今日の日本を代表する企業の中にも近江商人の系譜を引くとされる会社が数多く存在している (高島屋、大丸、三越、伊藤忠商事、丸紅、日本生命、トヨタ他多数)。  

元来近江商人というのは、奈良朝時代高麗からの帰化人を近江の湖北地方へ配置したものの末流といわれ営利の観念と移動性に富んでいた。日本人が土地に執着(地元密着 ? )しているのに反し、彼らは日本中至るところへ出向き、商権を獲得していったといわれる。現在、全国に「近江屋」という屋号が見られるのは、その進出を物語るものだ。

しかし封建時代、他国で商いをしていくのは並大抵のことではなかったようだ。商売を円滑に進めていくためには、自分の利益は後回しにし、その土地や人々の利益を最優先することが必要であった。このあたりから、近江商人独特の商売が生まれたのだ。

三方よし
近江商人の商いといえば「三方よし」。「売り手よし、買い手よし、世間よし」の三方よし、ということである。
これは五個荘、中村治兵衛家の「他国へ行商するも、総て我がことのみと思わず、其の国一切の人を大切にして、私利を貪ることなかれ・・」という遺言状が原点といわれている。

(中村治兵衛家関連サイト)
http://www.shigaplaza.or.jp/sanpou/akindo/AKINDO/frame8.htm
 

ここでは「世間よし」に焦点を当ててみよう 。今でいう社会貢献のようなものだと考えられるのだが、近江商人はどのようにしてこの「世間よし」を広めていったのであろうか。

近江商人は京都や大坂などの都ではなく、主に山間僻地に物を売りに行った。天秤棒で、地元の商品を文化と一緒に運んで行き、現地の商品をまた仕入れて持って帰ってくるといったスタイルだった。

例えばある日は、数珠やら蝋燭やらを持っていく。山間僻地の人々は「これは何するものか」と聞いてくる。「これは数珠で手にはめるものです」「それで、どうするのか」「蝋燭つけて線香あげてご先祖を拝むのや。そしてご先祖に、今日あるのはご先祖のおかげです。ありがとうございます、という感謝の日暮しをする。それを子孫に伝えて行くんや。子供たちに家というものを守ることを伝えなあかん」と教えていく。

「へえ、そんな有難いものか」ということで「じゃあ、数珠やらを下さい」ということになるから、飛ぶ様に売れ、次に行った時には「あなたの言った通り、拝んで、日暮しをしていたら、気持ちも落ち着くし、家の中が円満にいくようになった」とみなさんに喜んでもらえる。そしてそこでまた商売が広がる。 

一時的な快楽に走ったりするようなものではなく、人々の暮らしによいかたちで役立つものを売る。数珠や蝋燭の場合は、使い方や意図するところを教える。教えられたとおり感謝の日暮らしをすることで、息子たちも「この家は先祖から預かったものだから、自分の代で捨ててはいけない。家を守ろう」ということで残ってくれる。そういう文化を伝えて、それに合わせて物を売っていった。

近江商人の「世間良し」とはこのようなことであったらしい。

(参考:新江州株式会社 森 建司会長御講演より) http://ha3.seikyou.ne.jp/home/Sigakenren/2001/oumisyonin.html


現在の近江商人
現在も近江商人の系譜を引く会社はある。しかし、「三方よし」などが通じるような世の中ではなくなってきた、と感じる人もいるそうだ。確かに現代は、「売り手よし、買い手よし、世間よし」という以前に、欧米型資本主義中心の利益最優先社会である。

ところが、昨年起こった世界的金融危機のあおりで、日本は未曾有の大不況時下である。今までの黒字決算が今年いきなり赤字に転落した会社もあるようだ。企業は生き残るために下請け企業からの大幅な仕入れ節減、大規模な人員削減で必死の策をとっている。

しかし、よく考えてみてほしい。売り手の側にいる社員、もしくは下請け業者を容赦なく切る。売り手は良いが、切られて買い手になった元社員や下請け業者たちは、その会社の物を購入するだろうか。おそらく「否」という答えになろう。 これでは「買い手よし」の環境は創れない。しかも、これだけの失業者を出す企業が、「世間よし」になるはずがない。 経済(利益)を最優先することが当たり前になって、働く人々を機械の部品のように扱っているようにもみえなくない。それが内部告発というかたちで出てきているのではないだろうか。

つまり、切られた社員=切った後はお客様=その会社の商品を使わない=会社は儲からない・・・「負」の連鎖。 こういう悪循環が、現代社会のいたるところで起こっていないだろうか?

 かつて日本人は仕事を聖行ととらえ、仕事を通して成長しようとした。労働と労賃を引き替えにしようなどという観念はなかった。

また年功序列や終身雇用といった日本的精神から生まれた制度を取り入れ、企業全体、広くは産業界全体を家族ととらえていた。リーディングカンパニーと呼ばれる大企業と中小零細企業が、世界に誇る「メイド・イン・ジャパン」ブランドを創り上げてきた。そしてその根底には常に「商道」という、日本独自の文化があった。

「売り手」だけでは経済など絶対に成り立たない。買い手もよくなければ、お金は循環しないのだ。「三方」みんながよくなる方法を、日本の社会は培ってきた。それはまさに、自然の摂理と同じ循環型なのである。

循環しない水が腐ってしまうように、お金が循環しなくなった経済界も腐ってしかりなのだ。その象徴的なものが、昨年の金融危機と言えるのではないだろうか。

商売の十訓
以下は有名な「近江商人・商売の十訓」である。  

一 商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
二 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何
三 売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる
四 資金の少なきを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし
五 無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ
六 良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
七 紙一枚でも景品はお客を喜ばせる、つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ
八 正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ
九 今日の損益を常に考えよ、今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ
十 商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ
 

真偽のほどは不明らしい。近江商人の通った後はペンペン草も生えぬ、など言われることもある。確かに、一度きりの「三方よし」では意味がない。やはり末永く継続し循環していかなければ、当然商売はなりたたないだろう。

しかし、ある意味利益だけに偏っている現代において、注目すべき視点がこの中にはないだろうか。先の十訓の10番目にあるように商売は利益を上げなければならない。これは商売の神様と言われる松下幸之助氏も同じ事を言っている。

しかし、会社が苦しくなれば人を切るのは当たり前。自然を破壊するのも利益の為なら・・・そういった「常識」や「社会通念」の中で、ほんとうの意味での「三方よし」を実践している会社は、日本に一体いくつあるのだろうか。

しかし、心の底から「買い手」のこと、「世間」のことを考えて実行し続ける会社が増えていけば、日本社会は元気を取り戻しはしないだろうか。 日本が培ってきた道の文化。それが商売の中にもある。この事の見直しをしてみた時、これからの時代に生き残る何かが見えるのではないだろうか。