笑顔深行
商品コード:
0001010005

笑顔深行

販売価格(税込):
1,029
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
書籍 > 著者別 > 山内紀枝
※クレジットカード決済不可

『運命創造学』この未知なる学びの門をくぐり、木原秀成先生にご縁をいただいたのは、今から13年前になります。
師の説かれた『運命の法則』によって、自分自身の運命を知り、その運命を改革・創造していくためのあらゆる“法”を、伝授いただき育てていただいて、今日があります。振り返ると、こんなにもたくさんのことを教えていただいてきたという感動に、胸があつくなります。
数量:

笑顔深行

 
行を深めれば笑顔が生まれる

『運命創造学』この未知なる学びの門をくぐり、木原秀成先生にご縁をいただいたのは、今から13年前になります。師の説かれた『運命の法則』によって、自分自身の運命を知り、その運命を改革・創造していくためのあらゆる“法”を、伝授いただき育てていただいて、今日があります。振り返ると、こんなにもたくさんのことを教えていただいてきたという感動に、胸があつくなります。
『運命創造学』は、人生という道をひらき、人間としての道を極める人生道であり、実践学です。この命をいただいていることの尊さ、人間の内からどこまでも“仏心”を甦らせ、人生という修業の道場で、人としての生き方を完成させていく旅……。
『運命創造学』は、その長きにわたる生涯の旅路の道標であります。そして、師は、いつもその道々に、灯明の如く存在してくださった方であり、自らもその使命に向かい、命がけで挑戦され続けるその後ろ姿を追いながら、その中に流れる限りない深い人間愛に、何度仏の姿を見たことでしょう。
(本書 はじめに―より抜粋)
 
 
山内紀枝先生 略歴

株式会社エポックモア 代表取締役
元気な女性の集い“夢華会”会長
一般財団法人国づくり人づくり財団副理事長
LRA(レイディーズロイヤルアカデミー)指導者

1989年 公立病院看護婦として6年間勤めた後、 女性のファンデーション業界に飛び込み、個人事業として独立
独立後まもなく人生の師 木原秀成先生に出逢い、今日まで一貫して指導を受け継いでいる
1993年 エポックモア・オリジナルブランドを開発し、株式会社に法人化、代表取締役に就任
1998年
11月
全国誌「ネットワークビジネス」
「財団法人CMF国際大学 木原秀成学長と夢叶う対談」が掲載
1999年
7月
日本で初めての女性のためのプログラム
「レディース・ロイヤル・アカデミー(LRA)」を主催
2000年
1月
本格的に全国展開を開始
健康産業流通新聞 新春特別号にて見開きページに掲載される
2000年
10月
米国財団法人 国際教育文化交流財団(米国・ハワイ州)
日本本部 副理事長に就任
2001年
1月
全国紙「TD(トップディストリビューター)」の新春号巻頭ページに紹介
2002年
1月
元気な女性パワーの集まり「夢華会」 を設立し会長に就任する
2002年
10月
山内社長の熱いメッセージをつづった一冊
?四季おりおりに“夢叶う”道しるべ「春夏秋冬」発行
2003年
12月
PHP研究所編 トップ168人からのメッセージ「諸君、もっともっと熱くなれ!」に掲載
2005年
1月
PHP研究所編 2005年トップが綴る「仕事の指針 心の座標軸」に掲載
 
 
笑顔深行 出版に際して

人間の行動は、90%から95%が深層意識(潜在意識)の中に組み込まれているデータに左右されています。一つひとつの行動をよほど意識的に行わない限り、無意識的に深層意識によって動かされてしまうのです。 “わかっちゃいるけどやめられない”はまさにこのことであります。人生という長い旅路を嬉々とした毎日にするためには、本当の自分に還らなければなりません。
本当の自分とは“できる”自分であります。 大自然は、常に融和をはかろうとする何か偉大なる働きそのものであり、だから“できる”のです。 その働きの象徴としての存在が神仏であります。その大自然の生命の海から生まれてきている私たちは、 神仏そのものということがいえます。 そんな偉大なる存在(神仏)を内在している私たちは、“しあわせでなければ、ほんとうの人生ではない” のです。
そこに、運命創造学を学ぶ価値があります。 その運命創造学の法にそって、人生という旅路を歩み続けるならば、たとえ、途中でいろいろな障害が起こっても、必ず乗り越えられるのです。 なぜなら、“できる”自分に成長していくからであります。運命創造学は、困った時の神頼み・ご利益的なものではなく、生涯を通じての自己完成のための学び であります。
                              国づくり人づくり財団 理事長 
                              木 原 秀 成

 

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。