講師一覧(経済づくり)

(五十音順)

青木 武一  

青木 武一
あおき たけかず

 

第四の道を創る会会長
経営経済学博士

 

専門分野

経営学・経済学

 

1949年 中央大学法学部卒業
1949年 日本鉱業株式会社入社
1965年 共同石油株式会社総務部長
1982年 有限会社エースコンサルタント社長、関東学園大学経済学部教授
1985年 杏林大学社会科学部教授
1994年 日本経済教育学会顧問、株式会社ジャパンエナジー監査役
文部省社会審議会委員などを歴任


トップへ

石川 昭  

石川 昭
いしかわ あきら

 

日本危機管理学会名誉会長・日本航空宇宙工業会元有識者委員

 

専門分野

経営・情報

 

米ワシントン大学経営管理大学院、テキサス大学経営管理大学院、MIT大学院で学んだ後、ニューヨーク大学経営管理大学院助教授ラトガース大学管理大学院教授、ハワイ大学大学院客員教授などを経て、1984年新設の青山学院大学国際政治経済学部の教授
日本危機管理学会名誉会長、日本ビジネスマネジメント学会会長などの要職を歴任


トップへ

市川 彰  

市川 彰
いちかわ あきら

 

松蔭大学経営文化学部
教授

 

専門分野

政治・経済・会社・流行・教育・文化・経営・ビジネス・研修・マネジメント・社会=地球環境・高齢化など

 

これからの社会・経済のあり方、企業行動、市民性などに強い関心を持っています。これがコスミカリズムの原点です。
そのためにも、日本社会の文化、日本的経営の良さを再認識することが必要と考えています。
さらに舞踊文化にも関心があり、文化庁や各種の文化財団の審査・選考委員、多くの舞踊コンクールの審査委員も務めています。


トップへ

井上 忠雄  

井上 忠雄
いのうえ ただお

 

NPO法人NBCR対策推進機構理事長、防衛化学会会長

 

専門分野

危機管理・爆発物・化学テロ

 

1935(昭和10)年 高知県生まれ。防衛大卒。同34年、陸上自衛隊入隊。同41年、大阪大大学院博士課程修了。工学博士。シカゴ大客員教授、ジュネーブ軍縮会議日本代表団員等を歴任。82年 防衛研究所教授、90年 陸上自衛隊化学学校長(陸将補)に。91年(平成3年)退官。
以後、大量破壊兵器問題、テロ対策等、現代危機管理の第一人者として、国際会議や講演・講師等で活躍中。


トップへ

加瀬 英明  

加瀬 英明
かせ ひであき

 

外交評論家
(社)日本文化協会会長

 

専門分野

政治・経済、教育・文化・文芸・評論

 

「ブリタニカ国際大百科事典」初代編集長を経て、現在、評論を執筆。
シカゴ大学、ペンシルバニア大学などより安全保障問題の講師として招かれるなど、海外での講演活動も多い。外交評論家として内外に豊富な人脈を築き、77年より数回にわたり首相特別顧問として対米折衝に貢献。皇室についての著書も多い。


トップへ

茅原 郁生  

茅原 郁生
かやはら いくお

 

拓殖大学名誉教授
元陸将補

 

専門分野

中国政治論
中国国際関係論
東アジア概論・地域紛争論

 

陸上自衛隊で連隊長、師団幕僚長など歴任(元陸将補)。外務省中国課出向、英ロンドン大学客員研究員、防衛研究所研究室長、同研究部長を経て99年から拓殖大学国際開発学部教授。2009年退職。中国及び東アジア地域の安全保障に関わる問題をテーマに研究を続けている。特に中国軍事研究の第一人者でもある。


トップへ

木原 秀成  

木原 秀成
きはら しゅうせい

 

一般財団法人
国づくり人づくり財団
理事長
CMF創始者

 

専門分野

政治・経済・教育・文化・経営・ビジネス・研修・マネジメント・生活・家庭・健康

 

1982年頃より日本国存亡の危機を予測し、1992年に日本文明・文化の礎であるムスヒを根幹として、宇宙本位(コスミカリズム)にもとづく共尊・共生・共育の祀祭政一致の精神のもと、日本人をしあわせにする9つの事業構想を提唱。2000年に国づくり人づくり運動を決起し、2005年より本格的に運動を開始する。同じ志のある政治家・経営者・学者・医者・教育者・ビジネスマン・主婦と、幅広い賛同者が全国に増えつつある。



トップへ

黒岩 徹  

黒岩 徹
くろいわ とおる

 

NPO法人パラオ協会
理事長

 

専門分野

学術・文化・スポーツ・環境・国際協力・NPO支援

 

南洋群島商工会議所設立準備会事務局長、㈱ジャプロ代表取締役の肩書きも持つ。
現在NPO法人日本パラオ協会理事長として、パラオ共和国における医療ボランティアを中心に、留学生の受け入れ及び民俗、文化全般に関する交流活動を行う。


トップへ

菅沼 光弘  

菅沼 光弘
すがぬま みつひろ

 

アジア社会経済
開発協力会会長

 

専門分野

政治・経済、教育・文化、文芸・評論、経営・ビジネス、研修・マネジメント、科学・技術

 

対外情報活動部門を中心に、旧ソ連、中国、北朝鮮などの情報収集に35年間従事。対外情報の総責任者である調査第二部長を1995年退官後、アジア社会経済開発協力会会長に就任。アジア諸国との文化交流に関与する傍ら、主として政治・社会経済動向に関する講演活動に従事。国士舘大学非常勤講師、拓殖大学客員教授など歴任。瑞宝中綬章受賞



トップへ

西村 眞悟  

西村 眞悟
にしむら しんご

 

衆議院議員・
西村塾塾長

 

専門分野

政治・国体

 

「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」幹事長、日本・ミャンマー友好議員連盟 幹事長などを歴任。
「日米ガイドライン法」「国旗国歌法」成立に尽力 。朝銀信組への公的資金投入に対し阻止行動をおこなった。


トップへ

原田 行男  

原田 行男
はらだ ゆきお

 

元明星大学経済学部教授

 

専門分野

経済学・経営学

 

経済学においては、独自の原田理論を確立。
商学修士、行政学修士。
日本大学経済学部教授、福井県立大学経済学部教授を経て、明星大学へ。
平成21年3月退職。


トップへ

藤井 厳喜  

藤井 厳喜
ふじい げんき

 

国際問題アナリスト
拓殖大学日本文化
研究所客員教授

 

専門分野

国際関係論
現代アメリカ外交

 

1952年東京都生まれ。ハーバード大学政治学部大学院博士課程修了。同大国際問題研究所・日米関係プログラム研究員、政治学部助手を経て帰国。
代表を務める「ケンブリッジ・フォーキャスト・レポート」は、日本のバブル崩壊、アメリカの株価上昇、2008年9月以来の世界金融恐慌などの大胆な予測を数多く的中させてきた。


トップへ

矢野 弾  

矢野 弾
やの だん

 

『月刊カレント』潮流社代表
矢野経済研究所特別顧問

 

専門分野

マーケティング・経済・教育

 

1955年 成城大学卒業
1958年 株式会社矢野経済研究所設立参画 取締役就任
1982年 月刊カレントのインタビュアー
1993年 「日本を想う心を訪ねて」出版
1998年 株式会社矢野経済研究所
特別顧問・常勤監査役就任
2003年 株式会社潮流社社長就任


トップへ

山本 峯章  

山本 峯章
やまもと みねあき

 

政治評論家

 

専門分野

政治・経済

 

元九州学院大学講師、元中央大学学員会講師
テレビ東京「ザ・ロンゲストショウ」を経て、テレビ朝日は「アフタヌーンショー」および「モーニングショー」等のコメンテーターを経て政治評論活動を開始し、著書30冊、週刊誌・雑誌等の原稿依頼多数。


トップへ