石橋 良三(いしばし りょうぞう)

石橋 良三

アイコンアイコンアイコンアイコンアイコン
アイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコン

石橋 良三(いしばし りょうぞう)


ライン


広島県議会議員


ライン


専門分野


教育関係


ライン


自己PR(ひとこと・プロフィール・生年月日等)


昭和23年(1948年)島根県浜田市生まれ。
昭和49年(1974年)日本歯科大学卒業。
昭和51年(1976年)石橋歯科医院院長として平成7年(1995年)まで開業。
平成3年(1991年)広島県議員初当選。以降6回当選。


文教委員として広島県公教育の荒廃の実態を知り、 その正常化のために正面から取り組む。その活動は『日本時事評論』『週刊朝日』『産経新聞』『正論』『週刊新潮』など、 多くのマスコミにも取り上げられ、 とうとう国会議員をも動かし、文部省(当時)としては異例の 現地調査(広島県教育委員会、福山市教育委員会)、 是正指導に踏み込ませた実績を持つ。


日本会議広島地方議員連盟会長
悠久の会会長
広島県歯科医師会顧問


ライン


著書あるいは近況


『広島県教育正常化への戦い』(清風社)
『遷都−州都広島への戦略』((有)あび企画)


石橋 良三  

荒廃の極みとも言える広島県教育の実情を一日も早く正常化し、 学校教育法その他の法令に乗っ取った、健全で、 青少年がしっかりと将来に対する夢を持ち得る学校教育を実現するために 県を始め各市町村の教育委員会がどのような対応をしているのかを収録しています。

 
石橋 良三  

「来るべき道州制に広島はいかに備えるべきか?」州都をとらなければ広島は三流都市になる。
国も地方も未曾有の財政危機に陥る中で待ったなしで始まった分権改革。その先に見えてきたのが究極の行財政改革となりうる「道州制」導入。広島の、未来の「中国州」のグランドデザインを大胆に提言し、危機をチャンスに変える石橋良三・広島県議会議員の渾身の書!


ライン


これまでの講演等テーマ/よくあるもの


「広島県の教育を荒廃させたもの」
「教育現場の実態」
「男女共同参画」
ほか教育全般


ライン


主な実績/依頼先


日本会議
教育会議
教育再生会議


ライン


講演・研修・執筆・コンサルティング料金の目安


ご相談に応じます


topへ

気軽にお問合せください。ご相談に応じます。0120-229-321 一般財団法人国づくり人づくり財団