稲森 悠平(いなもり ゆうへい)

稲森 悠平

アイコンアイコンアイコンアイコンアイコン
アイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコン

稲森 悠平(いなもり ゆうへい)


ライン


福島大学共生システム理工学類環境システムマネジメント専攻教授
理学博士


ライン


専門分野


バイオエコシステム ・ 都市工学 ・ 衛生工学 ・ バイオマスリサイクル
環境微生物生態学 ・ 環境リスク評価


ライン


自己PR(ひとこと・プロフィール・生年月日等)


21世紀は環境の世紀と言われていますが、中でも水環境の保全・再生は特に重要な課題です。
私たちが次の世代に豊かな水環境を引き継いでいくには、汚濁が進む湖沼 ・ 内湾 ・ 河川等の水環境の再生が不可欠であり、それを進める上でバイオ ・ エコシステムはきわめて重要なシステム技術と言えるでしょう。


バイオ ・ エコシステムは、微生物反応を利用して水処理を行うバイオエンジニアリングと、土壌等に工学的な力を導入した生態工学としてのエコエンジニアリングを組み合わせたものです。
汚染の原因となる点源対策にはバイオエンジニアリングを、面源対策にはエコエンジニアリングを、というように、地域ごとに適正な対策を配置し流域全体の水環境の再生を図る、国際的に新しく構築されたシステム技術です。


稲森 悠平


ライン


著書あるいは近況


『最新環境浄化のための微生物学』(講談社)
『食品工場排水の最適処理ハンドブック ― 第5次水質総量規制対応』(共著・サイエンスフォーラム)
『水環境の基礎と応用』(産業用水調査会)
『湖沼健全化再生ガイドライン』(産業用水調査会:英文)


稲森 悠平  

最新技術を網羅した、20年ぶりの最新刊。環境微生物学の最前線はここまで進化した。劇的に変化した環境問題をふまえて、最新技術を解説。学者はもちろん、企業・自治体の研究者必携の書。


稲森 悠平   稲森 悠平  

日中韓三ヶ国環境大臣合意プロジェクトガイドライン


ライン


これまでの講演等テーマ/よくあるもの


食品工場のための排水処理の最前線
バイオ・エコシステムを活用した環境負荷対策
水質浄化、循環型社会、太陽光風力発電
水環境再生国際戦略、水素発行


ライン


主な実績/依頼先


環境、エネルギー企業等
国、県、市町村
財団法人、社団法人
国公私立大学


ライン


講演・研修・執筆・コンサルティング料金の目安


ご相談に応じます


topへ

気軽にお問合せください。ご相談に応じます。0120-229-321 一般財団法人国づくり人づくり財団