TOP > はじめに


はじめに

ありがとうございます。

地球誕生以来45億年の永い歴史の中で、海中で生命が誕生し、やがて人類へと進化し、素晴らしい文明を築いてきました。
その地球が、今、破滅か継承(創造)かの選択に迫られていることを、誰が予測し得たでしょうか。人類はあまりにも増上慢で、かけがえのない地球を痛めつけてきたのです。

今住んでいる地球は、未来からの預かりものであり、今生きている人類は未来に対して責任を負わなければならないにもかかわらず、かけがえのない安住の地を失おうとしています。果たしてそれで良いのでしょうか?

日本国内を見回してみても、国と地方を併せて一千兆円の借金をかかえ破産の危機にあり、欧米型資本主義に基づく大企業中心の大競争時代は、貧富の二極化する不平等格差社会へとエスカレートしつつあります。

また、国民の生活に密接に繋がっている政治・経済・社会・家庭・仕事・精神・健康・文化や、それに加えて対外的な国防・外交・貿易・資源・金融など、全般的に問題が山積しており、一部分だけを建て直しても解決しないところに、深刻さがあります。
しかも、その悪しき現象はますます増える傾向にあり、目に見えない予測不可能な恐怖や犯罪も、じわじわと私たちのほんの身近な所にまで迫りつつあります。

また、日本丸の舵取りを任されている政治においても、ますます不透明になりつつあり、個々の政治家及び政党間の主導権争い・勢力争い・売名争い・利権争い・政治倫理の欠如・不正行為がくり返され、それがそのまま国民に反映し、政治不信や人心(支援者)対立・抗争・汚職・収賄・エゴ…等々、まさに亡国への大矛盾の政治体制になりかねない不安があります。

しかしながら、戦後60年間の平和が当たり前になって、大多数の日本人は、そのことに気がついていないのか? 気がついていても知らぬふりをしているのか?
また、「猫に鈴をつけよ」と警鐘を鳴らしている各界多士済々はいても、自ら行動を起こし、騎虎の勢いになっているものは、ほとんど見あたりません。
今の危機的状況を放置すれば、日本という国名は残っても国体は消滅しかねません。

しかし、宇宙が常に生滅流転をくり返しているように、現代という時代も、次なる新しい地球社会に向けて生滅流転をくり返しており、激変している現代の潮流を悲観的・批判的に捉えるのではなく、楽観的・創造的に新生日本への天命と捉えるべきであります。
その天命とは何か? 

 
 
  宇宙的地球時代の視座から
  日本文明・文化の 
  根源性に立ち還り
  誇れる国づくり
  魅力ある人づくりの使命に 
  目覚めることなのです。
 
  私は、1968年より研究をしていることをまとめ、1992年から『誇れる国づくり・魅力ある人づくり』のため、宇宙本位(コスミカリズム)に基づくグランドビジョンとして、9つの未来構想を掲げ、行動を起こしています。

紙面の都合上、詳細なアクションプランまでは踏み込めませんが、この9つの未来構想は、これからの日本国の将来と国民の幸福のために、何を座標軸にするべきかの根幹的な構想をできるだけ図解を入れて、起承転結でわかりやすくまとめたつもりです。

日本という国は、いつの時代も外からの影響によって受動的に覚醒させられてきたのですが、混迷している地球環境の極みにある今こそ、諸外国の文明・文化に右顧左眄するのではなく、日本の文明・文化に根ざした『誇れる国づくり・魅力ある人づくり』を、内外に向けて発進する時なのです。

名誉欲のためでも、自己満足のためでも、金儲けのためでもありません。ただただ祖国愛なのです。この日本に生まれ、今日まで育ててくれたこの自然・山・川・社会、そして人々・・・。歴史ある日本(地球)のために、同じ志を持っている撰士、また、未来を担う子供達のための「架け橋」になる覚悟はできています。

しかし、現実は理想にはほど遠く、膨大なる構想ゆえに多くの専門分野の方々にご賛同・ご協力いただき、産・官・学・民・行・政と一体となって、国民運動にまで高めていただけることを熱望するものであります。
                                      合掌